我々の取り組む市場

Project Oliveでは
内閣府が提唱する「Society 5.0」や
「Marketing 4.0」で語られる「Personalized Service」の実現のために
必要とされる根底のデータとして「感情」の可視化に取り組んでまいります。

センシング技術の
進歩

カメラやセンサー、スマートウォッチによる生体データ計測等の技術は、加速度的に進歩しており、ユーザーもまた生体データを計測されることが日常化してきています。今後、生体計測は様々な市場における必須技術となります。

生体データによる
感情の見える化・活用

生体 / 感情の計測技術は『ヘルステック市場』を形成、さらにそのデータを人々の生活や仕事の環境改善に活用する技術として『トランステック市場』を形成し、今後、トランステック市場への取組が新規事業開拓の鍵となります。

生体 / 感情計測による
市場の形成

センシング技術の進歩にともない、取得した生体データによるストレスや疲労等の感情計測を活用した新たな取り組みは各市場にて始まっており、今後、生体・感情計測は様々な市場の求める必須機能となります。

マルチモーダル感情認識技術の活用

感情認識で最もメジャーなのが、音声と表情を利用したものですが、
一人でいる時には発話や表情がはっきりと示されないため、実は利用できるシーンが限定的です。
Project Oliveでは状況に合わせて複数の情報を組み合わせる、マルチモーダルな感情認識技術を採用しています。
言語的な情報が含まれないため、シーンに依存しない計測が可能で、ユーザの抵抗感が少ないのが特徴です。

心配りのコミュニケーション

「心配り」は相手の気持ちに配慮する “察する” という意味の言葉ですが、
感情を周囲に見える化する「心を配信する」という、読んで字の如くの意味も込められています。
Project Oliveでは生体情報を中心としたマルチモーダル感情認識技術によって、
心と心をつなげるコミュニケーションを提供します。

Contact Us お問い合わせ

ご興味がある方はぜひ以下のフォームからお問い合わせください。